FCバルセロナスクール葛飾校

NEWS

2017.1.

2017-01-27

1/25(水):親善試合レポート


親善試合結果(3-4年生 / 5-6年生Elite選抜メンバー)

 

1/25(水)に行われました親善試合レポートです。

 

今年初となる親善試合は東京ヴェルディスクールプレミアクラスとトレーニングマッチをU-10,U-12カテゴリーの2カテゴリーでの試合を行いました。

2試合のレポートは以下の通りです。

 

VS 東京ヴェルディスクールプレミアクラスU-10(4-1 ◯):EliteクラスSub-10

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・16A13V3859

 

試合は前半から積極的に前線からボールを奪いにいくプレッシングがはまり、ボールを支配することが出来ていました。

 

序盤は奪った後に前に急いでしまうシーンが多く、ボールを失う回数も多く見受けられましたが、徐々に自分達のペースをつかむと攻撃の回数が増え、テーマにしていたフィニッシュゾーンのアグレッシブさを出し、先制、追加点に成功します。

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・17A13V3929

先制点:FURUYAMA SOUTA

 

SOUTAは幾度も素晴らしいマークを外す動きで裏に抜け出し、チャンスを作り、1点目、2点目をGETしました。

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・18A13V3932 0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・19A13V3950

KOUHEIは最終ラインからゲームをコントロールし、ボールを循環させる役割を徹底しました。

 

前半は2-0で折り返します。

シュートは打たれず守備はパーフェクトに近い内容でした。

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・22A13V4059 0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・23A13V4092

ハーフタイムではシステムのチェンジ、各個人のポジションの役割を伝え、さらに攻撃への厚みと、バルセロナのボールの動かし方について修正がかかりました。

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・21A13V4171

中盤ではRAIKUが支配。ボール奪取に貢献。左足からチャンスを演出。

 

 

ボールを持つ前に情報を入れて早くボールを動かします。

プレス・球際の戦いは制していましたが、最期のフィニッシュまでの課題は残りました。

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・28A13V4167 0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・27A13V4020

 

後半はボールをサイドからサイドへ動かし、前線のスペースができたら突破することにこだわり、チャンスを広げました。

 

 

 

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・26A13V4207

KAZUYAは左サイドから積極的な攻撃参加で相手のディフェンスラインを崩します。

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・20A13V4135

 

 

後半はFUJUの裏の飛び出しから追加点、とどめはALENの中への切り込みから4点目で4-1で勝利しました。チーム一丸でのプレーはディフェンス面は失点以外はパーフェクトに近く、オフェンス面では判断・チームでのボールの動かし方に課題は残りましたが危なげない試合で終えることができました。

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・29A13V4224

 

《飯野コーチコメント》

「選手たちはチームとして全員で守備面も攻撃面もアグレッシブに闘ってくれたと思います。各選手個人的に修正点も多々見受けられたのでこれからまた修正していきたいと思います。寒い中保護者の皆様本当にありがとうございました。」

 

 

VS 東京ヴェルディスクールプレミアクラスU-12(1-2 ⚫️):EliteクラスSub-12

 

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・04A13V3882

試合は前半の立ち上がりから3ラインをコンパクトにして、高い位置からアプローチをしてサイドに追い込んで奪いに行く姿勢が全面的に出ていました。

試合前に選手に伝えたコンセプトである「主導権を握る」ことが出来ました。

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・03A13V3848

ボールを奪った後の切り替え、ダイレクトプレーの姿勢が相手の守備の混乱を招き、何度も好機を演出していました。

 

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・13A13V4131 0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・12A13V4110

前半はサイドから何度か相手に攻められる場面はあったものの、中盤のエリアを支配し前向きの選手からシュートチャンスを多く作り出す場面が見られました。

 

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・11A13V4102 0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・10A13V4100

後半に同点ゴールのきっかけとなったUDAGAWA KAITOのドリブル。

相手DFを脅かし何度もゴール前で好機を演出していました。

 

 

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・09A13V4077 0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・08A13V3916

ハーフタイムでは中盤のスペースを有効に使うことや3人目の動きの指示をして、DF面では1対1の対応の確認をしました。

 

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・07A13V3912 0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・06A13V3899

失点した後も選手の勢いは止まらず全員が声を掛け合いバルセロナのパスワークや個人技からすぐさま同点に追いつくことが出来ました。

 

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・05A13V3893

相手チームに少ないチャンスをものにされて勝ち越しを許し、惜しくも1−2で敗戦してしまいました。

 

 

0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・15A13V4258 0125 隕ェ蝟・ゥヲ蜷・vs 譚ア莠ャ繧ヲ繧吶ぉ繝ォ繝・y繧」繧ケ繧ッ繝シ繝ォ繝輔z繝ャ繝溘い繧ッ繝ゥ繧ケ・・ub12, Sub10・・14A13V4245

 

《大瀧コーチコメント》

「今回負けはしたものの試合に選ばれた選手全員がしっかりと戦う姿勢を見せてくれました。ゴールに対する執着心が相手の方が勝っていた部分が結果に出てしまったことが残念でした。課題面としてフィニッシュの精度を上げていくことが必要です。そのほかにも個人的にいろんな課題が見つかる試合でしたので選手にとってはいい経験になってくれたと感じています。保護者の皆様、寒い中お越しいただきありがとうございます。」

 

今後ともご理解ご協力お願いいたします。

 

 

 

FCバルセロナスクール 葛飾校

 

 

撮影:FCバルセロナスクールオフィシャルカメラマン

篠崎妙子



archives


page top